文字サイズ

阪神 ドラフト候補の報徳学園・小園に密着宣言「ずっとマーク」

 練習試合・乙訓戦で2安打を放った今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園
1枚拡大

 「高校野球・練習試合、報徳学園6-3乙訓(11日、乙訓グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園海斗内野手(2年)が11日、乙訓との練習試合に出場し、阪神、巨人のスカウトに走攻守で存在感を示した。阪神・熊野スカウトは「上位でないと取れない。ずっとマークしていく」と密着を宣言した。

 「冬はレベルアップできるように練習した」。昨年は2年生ながらU-18W杯で活躍した世代屈指の遊撃手が成長の跡を示した。

 打撃では乙訓の好左腕・富山から2安打。「1球で捉える力はすごい」と富山をうならせた。守備では三遊間のゴロで、難しい体勢から強肩を生かした送球を披露。八回の遊ゴロでは、左打者で4秒を切れば速いと言われる一塁到達タイムで3秒85を記録した。

 オフは食事量を増やし体重を昨秋から6キロ増の79キロとした。熊野スカウトは「体が大きくなっている。(プロの)ファームに入っても勝負できるんじゃないかな」と絶賛。高校生野手を補強ポイントに挙げる阪神にとっては目が離せない存在になってきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス