文字サイズ

明大、春季リーグ初戦を星野仙一氏の追悼試合に 選手らが喪章を着用

 東京六大学野球連盟の理事会が8日、東京都内で行われ、明大の春季リーグ初戦となる4月21日の東大戦を、明大OBで1月に70歳で死去した星野仙一氏の追悼試合とすることを決めた。明大の選手らが喪章をつけ、試合前に星野氏の大学時代の活躍をまとめた映像を流すことなどを検討している。

 また、今春の新人戦から指名打者制を導入することや、世界大学野球選手権(7月・台湾)に東京六大学選抜チームを日本代表として派遣することなども発表された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス