文字サイズ

日本ハム清宮、カブス移籍のダルと初対面「オーラがありました」練習試合は代走出場

二塁走者でリードをとる清宮
チョコレートをもらい、笑顔を見せる清宮
2枚2枚

 「練習試合、日本ハム1-2LGツインズ」(13日、スコッツデール)

 ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、野球人生初となる代走で途中出場した。

 1-2で迎えた七回。先頭の森山が中前打で出塁すると出番がきた。「KIYOMIYA」と場内アナウンスが流れ、一塁へ。1死後、中島とヒットエンドランを実行。「落ち着いてサインを見られましたし、ミスもなかったと思います」とスタートを切り、チャンスを拡大させた。

 その後は一塁の守備に就き、フライを無難に捕球するなど2イニングをノーミス。「一歩前進かなと思います」。栗山監督は「動きを見ていても、野球の中に入れば全然大丈夫」と及第点を与えた。

 試合前の練習では、新たにカブスへの入団が決まったダルビッシュ有投手と初対面。自ら歩み寄って握手を交わし「すごくオーラがありましたし、体も大きかったです。まだまだ自分は程多いなあというか…。でも、そういう存在になりたいなあと思います」と大きな刺激を受けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス