文字サイズ

夏の甲子園、外野席を有料化へ 清宮フィーバーが契機 事故防止が狙い

満員の甲子園のスタンド=17年8月 
1枚拡大

 日本高野連は24日、今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日開幕、甲子園)から外野席を有料化し、中央特別席は全席前売りの指定席とすることを発表した。夏の選手権限定の措置で、センバツは従来通りとなる。

 夏の甲子園は早実・清宮(現日本ハム)が1年時の2015年以降、観客数、特に開門前の来場者が増加。特に外野席外周は混雑しており、事故防止のために外野席を有料化した。料金は未定だが、500円程度に設定される見込み。バックネット裏の中央特別席入場券の全席前売り・指定化は、遠隔地のファンも購入しやすいよう配慮。一日通し券で、試合ごとの入れ替えは行わない。料金、販売方法は今後検討される。

 外野席の有料化による新たな収益は「高校野球200年構想」の事業費用として野球振興などに充てる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス