文字サイズ

DeNA浜口「夢先生」として授業 熱い口調で中学生に訴える

「夢先生」となって授業を行った浜口
「夢先生」となって中学2年生に授業を行った浜口
「夢先生」となって中学2年生に授業を行った浜口
3枚3枚

 DeNAの浜口遥大投手(22)が12日、神奈川県・大和市立つきみ野中学校を訪れ、日本サッカー協会の「こころのプロジェクト」で「夢先生」となって中学2年生に授業を行った。

 夢を持つことや、それに向かって努力することの大切さを伝える授業。浜口は、小学1年生から本格的に野球を始め、小学校の卒業文集で夢が、プロ野球選手だとしたエピソードを披露した。

 だが中学時代は、体が小さくて通用しないため一時、投手を断念しライトを守り打順も6、7番だったと明かした。「プロ野球選手じゃない方がいいかな」と思い始めたという。だが一般入試で進学した佐賀・三養基高で中学時代の先輩に勧められ野球部に入り、投手に再チャレンジして台頭。神奈川大では2年生の時に全日本大学選手権で準優勝し、大学日本代表のメンバーにも選ばれた。これをきっかけに「プロに入って活躍したい」と“夢”が“目標”に変わった。

 昨秋のドラフト1位でDeNAに入団。173センチと小柄な体をフル稼働させて1年目の今季、10勝をマークした浜口。「夢を持つこと、目標を持つことがすごく大事」と熱い口調で訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス