文字サイズ

DeNA浜口「スラッター」習得へ カットボール+スライダー

新球習得へ意欲を見せる浜口
 新球習得へ意欲を見せる浜口
2枚2枚

 DeNA・浜口遥大投手(22)が7日、新球“スラッター”の習得に挑戦中だと明かした。横須賀市のベイスターズ球場で調整後、「手数が増え、打ち取る幅が広がる」と意図を説明した。

 1年目の今季に10勝をマークした左腕だが、現状に満足することはない。これまでは速球と落差のあるチェンジアップを軸にした投球パターンだったが、「速い変化球がフォークしかない」ため、カットボールとスライダーを組み合わせたスラッターを選んだ。

 高速で右打者の膝元を鋭くえぐる軌道が理想だ。「今永さんがCSで投げていた140キロぐらいのスライダー」をイメージ。スライダーの握りを変え、130キロ前後の新変化球のマスターに挑む。

 キャッチボールで握りを試し、「春のキャンプで打者の反応を見たい」と浜口。今季は阪神戦5試合の登板で無傷の3勝。新たな武器となる球種を増やし、来季も“虎キラー”として躍動する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス