文字サイズ

東洋大が完封負け 退任の高橋監督は有終日本一ならず「悔しいな」

6回、東洋大・古田がヘッドスライディングをするも二ゴロに倒れる
笑顔で報道陣の質問に答える東洋大・高橋監督=神宮球場(撮影・中田匡峻)
4回日体大1死一、三塁、悔しそうな表情でマウンドから降りる東洋大・甲斐野=神宮球場(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 「明治神宮野球大会・大学の部・準決勝、日体大4-0東洋大」(14日、神宮球場)

 東洋大が完封負けを喫し、優勝した08年以来9年ぶりの決勝進出を逃した。

 三回までに3点のビハインドを背負うと、打線も日体大の来秋ドラフト候補右腕・松本の前に4安打と沈黙。終盤の八、九回に好機を作ったが、本塁が遠かった。

 今季限りで退任する高橋昭雄監督(69)は、有終の日本一には届かず。涙を流す選手も多い中で「悔しいな。この試合にかけてたから。万感迫るということはなかった」と最後の指揮を終えた率直な思いを口にした。

 46年の監督生活で、東都1部リーグ歴代最多の542勝、全日本大学選手権優勝4度、明治神宮大会優勝2度を誇る名将。「選手の時も含めて50年、東洋大学のユニホームを着られたのは感謝しなきゃいけない。本当に悔いはない」と笑みも浮かべ、会見場を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス