文字サイズ

DeNAラミレス監督、執念の継投 六回に4投手で無失点 2勝2敗タイに

6回、投手交代を告げるラミレス監督=マツダスタジアム
6回広島1死一、二塁、サビエル・バティスタを迎える時に、井納から三上に交代するDeNAのラミレス監督=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
6回、4番手として登板したDeNA・須田=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「セCSファイナルS・第3戦、広島0-1DeNA」(20日、マツダスタジアム)

 DeNA・ラミレス監督が執念の継投を見せ、7投手の完封リレーで対戦成績を2勝2敗とした。

 二回に井納の適時打で1点を先制。1点リードの六回、先発の井納が1死から菊池、丸に連打を許し一、二塁で4番バティスタを迎えると三上にスイッチ。三上はバティスタを二飛に仕留めた。2死一、二塁から左打者の松山を迎えると、左腕砂田に交代。砂田はフルカウントから松山を四球で歩かせ満塁とした。

 満塁でエルドレッドを迎えるとラミレス監督がベンチから出て砂田から須田への交代を告げた。須田はエルドレッドを左飛に仕留め、ピンチを無失点で切り抜けた。

 七回以降もエスコバー、パットン、山崎康とつないで1点を守り切った。

 昨年のCSクライマックスSは1勝4敗で敗退した。前日は乙坂の積極的代打起用など采配が光る。日本シリーズ出場に向け、執念を見せる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス