文字サイズ

広陵が決勝進出、東海大菅生に勝利 中村奨成は俊足生かす

えひめ国体準決勝・東海大菅生戦で中井監督(左端)の指示を聞く広陵・中村(左から2人目)
1枚拡大

 「愛媛国体・高校野球硬式・準決勝、広陵10-4東海大菅生」(9日、坊っちゃんスタジアム)

 今夏の甲子園準優勝・広陵(広島)が、東海大菅生(東京)を破って決勝進出を決めた。

 今秋ドラフト1位候補・中村奨成捕手(3年)は、2試合連続で「3番・捕手」で先発して4打数1安打1四球だった。五回2死二塁は、相手の遊撃手に極端に三遊間を締める“中村シフト”を敷かれたが、三遊間へ鋭いゴロを打ち返すと、俊足を生かして遊撃内野安打とした。

 広陵は四回に丸山壮史内野手(3年)の右犠飛で先制。五回は吉岡広貴内野手(2年)が右越え2ランを放った。1点差に迫られた九回は吉岡の適時打などで6点を追加した。先発・平元銀次郎投手(3年)は8回3失点だった。

 広陵は第2試合の準決勝・大阪桐蔭-津田学園の勝者と、この日の第3試合で対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス