文字サイズ

清宮詣で続々…ヤクルト「選手サポート体制説明」中日「どうしても必要」

早実・清宮幸太郎
1枚拡大

 26日に開催されるNPBドラフト会議の目玉、早実の清宮幸太郎内野手(18)と国内プロ球団との面談が2日、都内で始まった。

 午前9時30分前のオリックスを皮切りに、各球団が続々訪問。面談に臨んだ各球団はそれぞれに球団の長所などをアピール、本人はもちろん、同席したラグビー・ヤマハ発動機監督で父の克幸氏、母にも熱く思いを訴えかけた。

 午後からはヤクルト、中日らが面談。清宮にも馴染みの深い神宮を本拠地とするヤクルトの橿渕スカウトデスクは「育成の考え方や、選手をサポートする体制を説明しました。神宮はプレーしているからわかると思うので、戸田の二軍施設を説明した。2年前、寮内に室内練習場が出来たので24時間トレーニングに使えますよと」と、2軍施設を中心に説明。評価については「スカウト会議をしていないので、明言は出来ないが」と前置きした上で「スカウトとしての意見はあります」と1位指名でいきたい思いを語った。

 続いて中日が登場。中田スカウト部長は「どうしても必要な選手。清宮君に対する思い、必要な選手であるということを伝えました」と熱烈ラブコール。清宮の印象については「非常に丁寧な受け答えをする印象を受けました」と話し、球団としての思いは「十分理解してもらったと思う。思いの丈は伝えました」と力を込めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス