文字サイズ

DeNA飯塚、自己最短の1回降板 7安打集中され6失点

1回広島無死、田中広輔(右)に先頭打者本塁打を打たれるDeNA・飯塚悟史=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島-DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 DeNAの先発・飯塚悟史投手が、自己最短の1回で降板した。

 相手の勢いに完全にのみ込まれてしまった。2-0の初回。先頭の田中に左越えのソロを浴びた。さらに2死一、三塁から安部に左前適時打を浴びて同点に追いつかれ、続く岩本にも右前適時打を打たれて勝ちこしを許した。立ち直ることはできず失点を重ねた。7安打の集中打を浴び6失点は、自己ワーストタイとなった。

 飯塚は「チームに勢いを与える投球ができませんでした。早いイニングでの降板になり、中継ぎ陣と先制してくれた野手の方に申し訳ないです」と反省した。高卒3年目右腕にとって、ほろ苦いマウンドになってしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス