文字サイズ

北海・坂口が好投するも終盤2本塁打浴び涙の初戦敗退

 逆転負けしガックリと応援団にあいさつに向かう北海ナイン
1枚拡大

 「全国高校野球選手権・2回戦、神戸国際大付5-4北海」(12日、甲子園球場)

 北海の先発の阪口皓亮投手(3年)は今大会最速タイの148キロをマークするなど「一番、調子はよかった」としながら、四回2死満塁の場面で多間にスイッチ。ここはエース・多間がしのいだが、終盤の2本塁打で初戦敗退となった。

 多間は「(準Vの)去年以上を目指していたのに、申し訳ないです」と目を腫らしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス