文字サイズ

檮原が初の決勝進出!「雲の上の町」から甲子園なるか

 「高校野球高知大会・準決勝、檮原4-1中村」(25日、高知県立春野球場)

 檮原が今春センバツ出場の中村を下し、初の決勝進出を決めた。

 二回に2死一、二塁から敵失で1点を先制。四回には2死満塁のチャンスで2番・長岡星河捕手(3年)が右前へ2点適時打を放ち、敵失も絡んで3点を追加した。投げてはエース右腕・浅井大地投手(3年)が伸びのある直球とスライダー、フォークなどを武器に8安打1失点の好投。粘る中村打線を振り切り勝利をつかんだ。

 学校のある高知県檮原町は人口約3600人。日本三大カルストの一つである四国カルスト高原を有し、自然豊かな「雲の上の町」として知られる。

 野球部は2007年に創部され、今年で11年目。過疎化が進む地域の“希望の星”として、行政や住民らが積極的に部を支援している。

 26日の決勝の相手は8連覇を狙う明徳義塾。07年に室戸を率いてセンバツ8強に進出した横川恒雄監督(65)は「100点の試合ができた」とナインをたたえ、「明徳が横綱ならウチは十両。でも野球は何が起こるか分からない。思い切って戦いたい」と話した。主将の和田吉展内野手(3年)は「地域の人たちがすごく応援してくれていて、甲子園に行くことが恩返しになる。明徳にしがみついて勝ちたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス