文字サイズ

青藍泰斗・石川、惜敗も涙なし!プロ志望明言 最速148キロ8Kで力見せた

 
1枚拡大

 「高校野球栃木大会・準決勝、作新学院3-2青藍泰斗」(22日、宇都宮清原球場)

 1球が命取りになった。昨秋に続き、同じ準決勝で王者に屈した青藍泰斗(せいらんたいと)の石川翔投手(3年)は「少し浮いてしまった。最後の最後の粘り強さが足りなかった」と決勝打を浴びた場面を悔やんだ。

 力は見せた。5球団のスカウト陣の前で、最速148キロを計測。三回以外は得点を許さず、8奪三振で完投した。楽天・長島スカウト部長は「高校生では全国トップレベル。黒木君(オリックス)のようになるのでは」と称賛。日本ハムは吉村GMも視察し、山田スカウト顧問は「球が速くばらつかない。平均で140キロ台中盤はいない」と評価した。

 試合後、プロ志望を明言した石川の目に涙はなし。「最終的には日本を背負える投手になりたい」と壮大な目標を掲げ、次の舞台を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス