文字サイズ

ヤクルト真中監督、母校文星芸大付が4強入り 星野監督「少しでも力になれば」

先発した文星芸術大学附属・佐藤翼=栃木県総合運動公園野球場(撮影・堀内翔)
白鷗大学足利に競り勝ちタッチをかわす佐藤翼(右)ら文星芸術大学附属ナイン=栃木県総合運動公園野球場(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「高校野球・栃木大会準々決勝、文星芸大付4-3白鴎大足利」(19日、栃木県総合運動公園野球場)

 文星芸大付が逃げ切り、準決勝進出を果たした。

 エース・佐藤翼投手(3年)が6安打3失点で完投。四回までにもらった4点の援護を守り抜いた。

 172センチの技巧派左腕。直球の最速はこの日マークした129キロながらコースを丹念に突き、変化球で緩急もつけてタイミングを外した。相手エースでプロ注目の最速147キロ左腕・北浦との投げ合いを見事に制し「コントロールのピッチャーと速いピッチャー、どっちが勝つかと思っていた。勝ててよかった」と笑顔がはじけた。

 文星芸大付は、今季苦戦が続くヤクルト・真中監督の母校。星野英雄監督は「少しでも力になれば」と、さらなる快進撃でエールを贈ることを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス