文字サイズ

日本ハム・金子誠コーチ、上田監督時代に新人王「今の選手の4倍練習やった」

 日本ハム・金子誠打撃コーチ(41)が2日、肺炎のため1日に死去した上田利治氏の訃報を悲しんだ。

 96年には、当時の上田監督に才能を認められ二塁のレギュラーに定着。新人王を獲得した。

 当時を振り返り「今の選手は耐えられないぐらい4倍は練習をやっていたし、体の強さができたのは上田監督の4年間だった」と振り返った。

 キャンプやシーズンを通じ、厳しい指導を受けたが「(監督、コーチは)ザ・パ・リーグの人たちだったので、威圧感はあったけど、優しい部分もたくさんあった」と人柄のよさもしみじみと振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス