文字サイズ

自宅に打球直撃の星稜・山下総監督「すごい音がしたって女房がびっくりしていた」

 星稜・山下総監督(左)から激励を受けて握手する
1枚拡大

 「高校野球・練習試合、履正社9-6星稜」(18日、星稜グラウンド)

 今秋のドラフト1位候補、履正社・安田尚憲内野手(3年)が18日、金沢市内の星稜グラウンドで星稜との練習試合に出場し、高校通算59号となる場外への満塁本塁打を放った。打球は、グラウンド外の道路を挟んで立つ星稜・山下智茂総監督(72)の自宅2階の外壁を直撃。試合で同監督の家に当てる場外弾を放ったのは、星稜OBの松井秀喜以来2人目。

 松井氏を育てた星稜・山下総監督も、安田の場外弾に驚きを隠さなかった。

 「すごいホームランでしたね。140メートルぐらい飛んでいるんじゃないですか。(自宅にいた)女房が、ものすごい音がしたってびっくりしてましたよ。安田くんは打球のスピードが違いますね」

 高校時代の松井氏は、木製バットで左翼にも場外本塁打を放っていたことを挙げ、「安田くんも、もっと広角に打てるようになれば、素晴らしい打者になりますよ」と成長を期待した。

 試合前には安田へ松井氏の直筆サインをプレゼント。試合後には激励に向かい、「ドラフト1位で指名されたら、家の壁を直してくれよ」とジョークを交えて、今後の活躍を期待していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス