文字サイズ

清宮はメジャーリーガー、安田は松井秀喜 阪神スカウトが評価

 「明治神宮野球大会高校の部・決勝、履正社11-6早実」(15日、神宮球場)

 履正社(近畿)が来年のドラフト1位候補・安田尚憲内野手(2年)の一発を含む2安打4打点の活躍で初優勝を飾った。早実(東京)は同ドラフト1位候補の清宮幸太郎内野手(2年)が、高校通算76号となる先制アーチを含む2安打2打点をマークしたが逆転負け。

 清宮と安田を担当する阪神・畑山統括スカウト補佐は、神宮のネット裏から視察し「2人とも大したもの。ここで対戦できたのは、今後の成長にもつながるんじゃないかな」と目を細めた。

 周囲にライバルと目される強打者がいないだけに「清宮は技術的に成長している。ボールの待ち方、間合い、打つべくして打っている。安田は清宮に触発されたと思う。気持ちが前面に出ていた。形を意識することも大切だけど、ここぞの場面では気持ちで打つということを覚えてほしい」と評価する。

 2人の比較については「安田は松井秀喜のイメージ。長嶋さんとの練習で形を作ったように、しっかりとした形で打つパワーヒッター。清宮はメジャーリーグが好きなせいか、メジャーの打者みたい。日本でああいう打ち方をする選手はなかなかいない」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス