文字サイズ

「近鉄OB対決」日本新薬吹石監督制す 虎・榎田の弟、2安打完封

 試合後のあいさつで整列する吹石監督(右)と佐々木監督
1枚拡大

 「第88回都市対抗野球近畿2次予選準々決勝・日本新薬5-0大和高田クラブ」(30日・舞洲)

 第1代表決定トーナメント準々決勝が行われ、俳優・福山雅治の妻で女優の吹石一恵の父・吹石徳一監督(64)率いる日本新薬が、佐々木恭介監督(67)率いる大和高田クラブを下して、“近鉄OB”対決を制した。

 2人は75~82年まで8年間、近鉄でチームメート。吹石監督は「どこと試合をしようと勝たないといけないから」。先輩のことは意識せず、試合に集中。4度も送りバントを試みるなど、1点にこだわるさい配を見せた。

 阪神・榎田の実弟、先発・榎田宏樹投手(28)が9回2安打無失点で完封。打線は12安打で5点を奪った。今年1月に就任し、都市対抗予選の初さい配だった吹石監督は「これだけは絶対に勝ちたいと思っているからね」。4年連続の都市対抗出場を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス