文字サイズ

早実・清宮、超低空ライナー94号「入っちゃった」 スカウト陣も驚き

 5回、右越え本塁打を放つ早実・清宮(中)=撮影・堀内翔
1枚拡大

 「春季高校野球関東大会・2回戦、早実10-9花咲徳栄」(21日、ひたちなか市民球場)

 今春センバツ出場の早実が延長十回タイブレークの末に逆転サヨナラ勝ちし、初戦を突破した。今秋ドラフト1位候補の清宮幸太郎内野手(3年)は高校通算94号本塁打の右越えソロに加え、九回の同点適時打など4安打3打点の活躍を見せた。

 初の関東舞台でも“早実・清宮劇場”は大盛況だった。94号アーチに起死回生の同点打、そして幕切れは逆転サヨナラ。スタンドを埋め尽くした、茨城の1万2000大観衆の期待に応えた主役は「こういう展開ばっかり」と、うれしそうに笑った。

 まずは五回1死から真ん中低めの135キロを捉え、右翼ポール際の芝生席に突き刺した。場内もどよめく超低空の弾道。「入っちゃったって感じ」と自身も驚くソロだった。

 ネット裏のスカウト陣も目を丸くした。日本ハム・大渕スカウト部長が「あんなのプロでも見たことない。普通はファウルになる。技術を感じる」と話せば、オリックス・長村球団本部長も「力と技を兼ねた打撃。なかなか低めをさばいてライナーでホームランにできない」とうなった。

 1点を追う九回2死二、三塁では、ドラフト候補右腕・清水の146キロを左前に運ぶ同点適時打。「昨日のミーティングでも『自分に回せ』と言っていた。凡退したら見せる顔がない」。つないだ仲間に応えた清宮は、タイブレークの十回も無死満塁から右前適時打を放ち、野村のサヨナラ打を呼び込んだ。

 「嫌です。やっぱ緊張します」と苦笑した初体験のタイブレークも乗り切った。「暖かくなって、しっかり動けているのが一番」と好調の要因を分析した清宮。フィーバーの春はまだ終わらない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス