文字サイズ

早実・清宮は他校の旧友と「対戦楽しみ」高校野球関東大会開会式

披露された夏の甲子園の優勝旗に視線を送る早実・清宮(左から3人目)
1枚拡大

 高校野球春季関東大会が20日、茨城県で開幕し、水戸市民球場で開会式が行われた。高校通算93本塁打の清宮幸太郎内野手(3年)擁する早実(東京1位)など、出場18校が参加した。

 関東大会初出場の清宮は、開会式前に他校の選手と談笑するなどリラックスムード。「顔なじみや友達がいつもたくさんいる。昔を思い出させてくれるし、対戦できるのは楽しみ」と、旧友との再会を喜んだ。

 開会式では、昨夏の甲子園を制した作新学院・添田真聖主将(3年)が、深紅の大優勝旗を披露。清宮は「自分たちが目指すべき場所はあそこなんだなと。そのためにも、この関東大会をしっかり勝ち抜くことが、優勝旗をもぎ取るうえで近道なんじゃないかなと思います」と、刺激を受けた様子だった。

 早実は21日に初戦となる2回戦で花咲徳栄(埼玉2位)と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス