文字サイズ

高校野球、タイブレーク方式導入検討 11月下旬の理事会で正式決定へ

延長15回、引き分けとなった今春のセンバツの福井工大福井-高崎健康福祉大高崎
1枚拡大

 来年の第90回選抜高校野球大会からタイブレークを導入するか否かのリミットが、今年11月下旬であることが19日、分かった。すでに今夏の甲子園では導入されないことが決まっている。

 今春のセンバツでは2試合連続で、延長十五回引き分け再試合があった。これを受けて、この日の第99回全国高等学校野球選手権大会運営委員会で、委員からタイブレーク導入について質問が出た。

 今後は6月の技術振興委員会と、審判規則委員会で議題に挙げて議論を進めることは決定している。その後は委員会の意見を踏まえて、高野連の理事会で結論を出す。竹中事務局長は「来春もセンバツがあるわけなので、(タイブレークを)実施するかしないかを含めて、それに間に合うようにするには、11月下旬の理事会がリミットになるでしょう」と話した。

 来年のセンバツから導入するか否かの結論は半年以上先だが、世論は導入賛成へ傾きつつあるという。今春のセンバツ後、高野連には電話や投書などでタイブレーク導入に賛成する声が相次いだという。

 竹中事務局長は「今までは反対意見が多かったのが変わってきている。『そろそろ高野連が動かないといけないんじゃないか』という意見もあった。投手の球数制限や投球回数の制限は否定的な意見が多いけど、打たないといけない最善の策はタイブレークではないか」。地方大会でテストをせず、センバツから導入する可能性もあるという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス