文字サイズ

日大三が7発圧勝!桜井2発、金成も弾丸アーチ、小倉監督「よく打つよなあ」

2回日大三2死1、二塁、日大三・桜井周斗は右越え3ランを放つ=神宮第二球場(撮影・金田祐二)
3枚

 「高校野球・春季東京大会2回戦、日大三14-1葛飾野」(5日・神宮第二球場)

 今春センバツに出場した日大三が、7本塁打の一発攻勢で六回コールド勝ちし、初戦を飾った。

 初回に1番・井上大成内野手(3年)が先頭打者本塁打を放つと、2番・長谷川央都外野手(3年)も左中間へのソロで続き、2点を先制。その後も、今秋ドラフト候補左腕・桜井周斗投手(3年)の2本塁打、金成麗生内野手(3年)の右越え2ラン、井上のこの日2本目の一発となる右越え2ランなどで、大量14得点を奪った。小倉全由監督も「よく打つよなあ。7本はあまりないですね」と、驚く大爆発だった。

 センバツでは、準優勝した履正社に打ち負けて初戦敗退。帰京後は大会の残り試合をテレビ観戦することもなく、練習に没頭した。丸まりがちだった背筋を伸ばすように打撃フォームを修正した桜井は、内角球をうまくさばいた内容に「監督さんには、振り遅れてもいいから、とにかく打たされるな、崩されるなと言われていた。いい感じになりました」と、笑みをこぼした。

 高校通算21号を弾丸ライナーで右翼ポール際に運んだ金成は「周りのみんなが打っていたので、打ちたいのはあった。うれしい1本」と満足顔。1安打に終わったセンバツを振り返り「あの大観衆の中でやれたのはいい経験になった。打ち負けた履正社のバッティングをお手本にして、もう1回あそこに戻りたい」と、春夏連続出場へ意気込みを新たにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス