文字サイズ

韓国・李大浩が頭部など2死球 中盤終えて両軍5死球の荒れた試合に

2回、頭部に死球を受ける韓国・李大浩(ゲッティ=共同)
1枚拡大

 「WBC・1次リーグA組、韓国-台湾」(9日、高尺スカイドーム)

 韓国の4番を務める李大浩が頭部死球を受け、倒れ込み、ヒヤリとするシーンがあった。

 二回2死一、二塁で台湾の3番手投手、パン・ウェルンが投じた直球がヘルメットを直撃。青いヘルメットは吹き飛び、李大浩もその場に頭を抱えて倒れ込んだ。

 首脳陣やチームスタッフが心配そうに駆け寄り、様子をうかがったが、李大浩はしばらくすると、自ら立ち上がり、冷たい水で左耳付近を濡らすと、一塁へと歩みを進め、そのまま試合に出場した。

 日本と違い、頭部死球による退場処分はなく、パン・ウェルンはそのまま続投したが、続くソン・アソプに三塁適時内野安打を許し、韓国はこの回打者11人で5点を挙げて、その差を6点に広げた。

 その後も、両チーム投手陣はピリッとせず、六回を終えて両チームで5死球と荒れた試合になり、六回にはイ・デホに2個目の死球を与えたファン・シェンションは退場処分となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス