文字サイズ

日大、決勝進出ならず 中日ドラ2京田は2打点も「もう1日長くやりたかった」

準決勝敗退の日大・京田=神宮(撮影・佐々木彰尚)
1枚拡大

 「明治神宮大会・大学の部準決勝、桜美林大7-4日大」(15日、神宮球場)

 24年ぶり出場の日大は、終盤の追い上げも及ばず決勝進出を逃した。中日にドラフト2位指名された京田陽太内野手(4年・青森山田)は3打数ノーヒット、2打点。「正直勝ちたかった。もう1日、長くみんなとやりたかった」と悔しがった。

 六回には右犠飛。八回にも無死満塁から二ゴロで走者を返した。「トーナメントなので、出塁率と打点を意識した」と最低限の仕事は果たしたものの、右犠飛の場面を振り返り「頭を越えると思ったけど力不足。クリーンアップを任されてる以上は、長打でつながないと」と、責任を背負った。

 この一戦で大学野球にはピリオド。次の舞台はプロに移る。引っ張って強い打球を飛ばすことを課題に掲げた京田は「新人合同自主トレにいい状態で臨めるように、開幕レギュラーを取るつもりでやっていきたい」と、未来に目を向けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス