文字サイズ

楽天4位の菅原がタイブレークで散る

力投する大阪体育大・菅原秀=神宮(撮影・棚橋慶太)
3回、大阪体育大・青木の中前打で生還した大阪体育大・菅原秀=神宮(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「明治神宮野球大会大学の部・1回戦、環太平洋大5-3大体大」(12日、神宮球場)

 楽天からドラフト4位指名を受けた菅原秀投手(4年・福井工大福井)は、9回2失点と力投するも、タイブレークで屈した。

 「秋からフル回転していたので、だいぶ疲労がたまっていた。いつもの感じではなかった」と菅原。加えて序盤に2段モーションを注意されたことで、打たせて取る投球に切り替えた。だが延長タイブレークに突入した十一回、2死満塁から浮いた直球を痛打され致命的な2点を失った。

 打席では安打を放ち、走者としても好走塁を連発。延長十回には三塁走者として内野安打の間に同点のホームを踏んで見せた。「自分は野手上がりの投手なので。ただ投げるだけではイヤ」と全力プレーでチームを引っ張ったが、全国1勝には届かず。それでも「やりきった感じはあります」と達成感を口にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス