文字サイズ

侍・野村、3発被弾で国際試合のパワー痛感 先発で勝利投手も

4回、ペーニャ(左)にソロを浴びた野村=東京ドーム
4回メキシコ無死、ペーニャに右越えソロを浴びた広島・野村祐輔=東京ドーム(撮影・出月俊成)
4回メキシコ2死、ベルドゥーゴに右越えソロを浴びた広島・野村祐輔=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「侍ジャパン強化試合、メキシコ4-11日本」(11日、東京ドーム)

 日本の先発・野村祐輔投手(広島)が、4回を5安打3失点で勝利投手になった。2点リードの四回、1イニング2本塁打を浴びて降板。だが、チームが五回に2点を勝ち越し、野村に白星が付いた。

 「しっかり打たれたな、という感じです。狙ったところに投げても、パワーでホームランにされた。スイングが強かったですね」

 二回、4番のアマダーに高く浮いたチェンジアップを左翼席に運ばれた。さらに2点リードの四回。ペーニャに内角低めのスライダーを右翼席まで飛ばされると、2死からベルドゥーゴにカットボールを狙われた。いずれも早いカウントの勝負球。国際大会で中軸のパワーを痛感した。

 今季は16勝を挙げ、最多勝を獲得。通算152回2/3を投げて、打たれた本塁打は11本だけだったが、メキシコの長打攻勢にさらされ「特に3本目は2死から打たれてしまい、もったいなかった」と悔しがった。

 それでも、WBC球で好感触を得ているツーシームは効果的で、右打者の内角を突きバットを折るなどした。試合後は「ツーシームはよかったので、収穫はあった」と手応えも口にした。

 権藤投手コーチは「甘い球もあったが、厳しい球もあった。うまく打たれたところもある。大事なところで打たれたら負ける。きょうはいい試合になった」と収穫を強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス