文字サイズ

花咲徳栄・高橋昂也9球団の前で好投

 「高校野球・秋季関東大会・1回戦、花咲徳栄4-2樹徳」(31日、大宮公園野球場)

 今夏甲子園8強の花咲徳栄(埼玉)が快勝し、準々決勝に進んだ。来秋ドラフト候補の高橋昂也投手(2年)が2失点完投。9球団のスカウトの前で、元阪神・藤川球児を参考にした新フォームで安定感のある投球を見せた。

 旧チームでは抑え。先発型のスタイルを模索する中で、セットポジションから両手と踏みだす足を一緒に上げる藤川ばりのフォームがはまった。「低めに集まりやすい。制球もよくなった」との言葉通り、この日は3四球。九回に2ランを浴びて完封こそ逃したが、危なげなかった。

 “ドクターK”ぶりも健在だ。初回1死一、三塁からはフォークを決め球に連続三振。8奪三振ながら、要所ではギアを上げた。「変化球のキレがいい」と阪神・中尾スカウト。日本ハム・今成スカウトも「松井裕(楽天)みたいなタイプになるかも」と評価した。

 次は勝てばセンバツ当確となる一戦。最速145キロ左腕は「ピンチでも落ち着いて投げられる。抑えの経験が生きているから」と、自信をにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス