文字サイズ

雪谷・鈴木優“都立の星”になる!

 第96回全国高校野球選手権・東西東京大会組み合わせ抽選会が21日、都内で行われた。東東京では都立の雪谷が、今秋ドラフト候補右腕の鈴木優投手(3年)を擁して11年ぶりの優勝を狙う。西東京では、最速149キロ右腕・三輪昂平投手(3年)ら厚い選手層を誇る日大三が、4連覇に挑む。両大会の時間と会場は、24日に都高野連から発表される。

 夢に続く道は、おぼろげではなくなった。鈴木優は静かに、しかし力強く言った。「夏は自分たちが出る。都立でも甲子園に出られる。ハッキリといい目標になった」。今春センバツの小山台に続く都立勢2季連続の聖地をにらんだ。

 春季東京大会2回戦では、その小山台を破った。7失点と苦しみながら、自己最速145キロをマークして完投。同じプロ注目右腕の伊藤にも勝利した。4回戦で昨夏東東京Vの修徳に敗れたが、強力打線を2点に封じた。

 力強く角度がある直球、コーナーに決まる鋭いスライダーは、プロの注目を浴びる。15日の練習試合・八王子戦でも、阪神、巨人など4球団のスカウトが視察した。中学時代、部活では投手、クラブチームでは捕手の“二刀流”だった。小さなテークバックから地肩の強さを生かしたフォームは、その経験が土台となっている。

 昨秋東京大会は、ベストメンバーが組めずに1次予選で敗退。今春は本大会で3勝を挙げ「勝っていくイメージができた」と手応えはある。プロ志望でもある右腕は「上でやるには必要になってくる。それが夏にも生きてくると思う」と、内角の直球で押す投球をテーマに、練習と試合に臨んでいる。

 東東京は関東第一、帝京、修徳など「倒さないといけない」という強豪がひしめく。過酷な戦いが待ち受けるが、昨夏は21回連続無失点、3戦連続完封を記録した。実は「一番好きな季節。暑ければ暑いほどいい」という“夏男”。都立勢11年ぶりの夏切符をつかみ取り、主役に躍り出る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス