文字サイズ

野村貴仁氏、クスリとは決別

笑顔で報道陣に対応する野村貴仁氏=高知市内
ボールを手に語る野村貴仁氏=高知市内
報道陣が用意したボールを手に投球を披露する野村貴仁氏=高知市内
3枚3枚

 プロ野球オリックス、巨人の元投手・野村貴仁氏(47)が12日、高知市内の自宅近くで取材に応じ、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された元同僚の清原和博容疑者(48)について語った。

 テレビ番組などで、仙人のような風貌の映像が流れて大きな反響を呼んでいる野村氏だが、この日はきれいにヒゲをそって報道陣の前に姿を見せた。清原容疑者とは98年から4年間、ともに巨人に在籍していたが「そんなにベッタリという関係ではなかった。一緒に飲みに行ったりすることはなかった」と説明した。

 清原容疑者が覚せい剤を始めた時期や2人の間のやりとりについては「皆が想像しているとおりですよ。(マスコミが)僕のところに取材に来るというのがすべてでしょう」と具体的な言及を回避。「公判が終わってからしゃべります。終わるまではしゃべれない。今はあまりうかつなことを言えるような立場でない」と核心部分は語らなかった。

 野村氏は06年に覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。「僕は現役の時には使っていない。今もきっちりやめています」と禁断症状はなく、現在はクスリと決別している身であることを力説していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス