文字サイズ

西武ドラ1今井「幅跳び投法」で飛躍だ 中3で走り幅跳びの地区大会優勝

新人合同自主トレーニング初日、キャッチボールで汗を流す西武ドラフト1位・今井
1枚拡大

 西武のドラフト1位右腕今井達也投手(18)=作新学院=が9日、跳躍力を生かした「幅跳び投法」での飛躍を誓った。中学3年時に地区の陸上大会の走り幅跳びで6メートル20を記録して優勝した逸話を披露。未来のエースを目指し、大きく飛躍する決意だ。

 新人合同自主トレ初日の通常メニューを終えると、西武第二球場でドラフト6位の田村(立大)を相手にキャッチボールを行った。「走り幅跳びの経験から、全身のバネを使って投げることを意識している」。軸足の右足から弾むような躍動感あるフォームで力のこもった球を投げ込んだ。

 自主トレを視察した辻監督も「ボールに伸びがあって、将来性を感じさせる。1軍に連れて行きたいね」と絶賛し、あらためて春季キャンプでのA班(1軍)入りを示唆した。足場を固め、プロでジャンプアップする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス