1. ホーム
  2. うま屋

【チューリップ賞展望】世界No.1ホースの妹ガルサブランカが桜切符獲りを狙う

続きを見る

 「チューリップ賞・G2」(3月2日、阪神)

 血統的な面からも注目を集めるガルサブランカが主役を担う。半兄は22&23年と2年連続で年度代表馬に輝き、世界No.1ホースとして君臨したイクイノックス。前走のベゴニア賞で半馬身差2着に敗れたものの、初戦の走りから素質が高いのは確か。兄をほうふつとさせる切れ味発揮で、仁川行きの切符を狙う。

 土つかずの2戦2勝でトライアルに挑むのはミラビリスマジック。デビュー戦をセンスあふれる走りで快勝すると、続く菜の花賞では直線で不利を受けながらも、瞬時に盛り返して鮮やかな差し切りV。着差以上の強さを感じさせた。兄姉に重賞勝ち馬がズラリと並ぶ血統馬。無傷3連勝となれば、目が離せない存在となりそうだ。

 出世レースの紅梅Sを制したのはワイドラトゥール。直線で大外からメンバー最速上がりで突き抜け、大舞台に向けての賞金加算に成功した。1週前追いは栗東CWの3頭併せで6F84秒7-11秒8をマーク。ラストの伸び脚は上々で、堂々の最先着とさらに調子を上げている印象だ。

 エルフィンS2着から権利獲得を狙うスウィープフィート。1週前は栗東坂路の併せ馬で4F53秒6-11秒9。楽々と2馬身先着したように出来は前走以上だ。今回は鞍上に武豊を配し、必勝態勢で臨む。

 朝日杯FSで牡馬に挑み3着と奮闘したタガノエルピーダ。好位からしぶとく粘って、勝ったジャンタルマンタルから0秒2差なら胸を張れる。中間の気配も良く、牝馬同士なら好勝負必至だ。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

 栗東CWで文句なしの動きを披露したドゥレッツァ(撮影・今井雅貴)

NEW 2024.4.25

【天皇賞】ドゥレッツァ春盾獲りへ向け盤石 栗東滞在効果バッチリ!尾関師「今週のひと追いでさらに良くなる」

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都) 昨年の菊花賞馬ドゥレッツァが、春の盾獲りへ向けて盤石の態勢を整えた。…

一覧を見る

馬体診断 - 天皇賞・春

テーオーロイヤル

天皇賞・春

タスティエーラ

天皇賞・春

ドゥレッツァ

天皇賞・春

ワープスピード

天皇賞・春

チャックネイト

天皇賞・春

ブローザホーン

天皇賞・春

サヴォーナ

天皇賞・春

ディープボンド

天皇賞・春

シルヴァーソニック

天皇賞・春

プリュムドール

天皇賞・春

マテンロウレオ

天皇賞・春

テーオーロイヤル

タスティエーラ

ドゥレッツァ

ワープスピード

チャックネイト

ブローザホーン

サヴォーナ

ディープボンド

シルヴァーソニック

プリュムドール

マテンロウレオ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月21日 東京10R

3連単
71,910円的中!

木村拓人

木村拓人

4月21日 京都7R

3連単
46,370円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実