1. ホーム
  2. うま屋

【POG】関東新馬戦は除外ラッシュの時期に突入…騎手の手配に苦労する陣営も(美浦発)

続きを見る

 競馬新聞「馬サブロー」のPOGマスター、木村拓人(美浦)と塩手智彦(栗東)がお送りするPOG情報。東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 イクイノックスの種付け料が発表され、その価格は何と2000万円!父キタサンブラックと並んで、いきなり日本で最も高い種付け料となりました。近年は競走馬の取引が活発で高めに設定することが多くなっているため、1500万円くらいかと予想していましたが、軽々とそれを上回ってきました。しかも既に満口ということで期待度の高さがうかがえます。

 今年の2歳馬がブレークしたスワーヴリチャード、今年の当歳馬の評価が非常に高いコントレイル、そしてキタサンブラックとイクイノックスの親子など、ディープインパクト不在の種牡馬界を背負って立つ馬たちがそろってきました。もちろんエピファネイア、キズナ、モーリス、サートゥルナーリアなども健在。これからの生産産がどうなっていくかもPOGに関係します。勢力図がどうなっていくのか、非常に楽しみです。

 しかし、これだけディープインパクト産駒が活躍していても確固たる後継馬がなかなか現れないのは不思議。逆にハーツクライやブラックタイドからチャンピオン候補のサイアーが現れるのですから、面白いものです。リーズナブルな種牡馬から歴史を変えるような馬が現れる可能性もありますし、興味深く見守っていきたいと思っています。

 さて今週は阪神JFが行われ、17日の朝日杯FS、28日のホープフルSと2歳G1が行われる時期となりました。筆者の指名馬ではボンドガール(牝、手塚)が残念ながら打撲の影響で阪神JFを回避。レガレイラ(牝、木村)がホープフルSに出走予定となっています。

 前者は人気にもなっていたでしょうし、かなり期待していたのですが…こればかりは仕方がありません。復帰に関しては様子を見ながらとのことですが、クラシックに間に合わないという感じではなさそうですし、来春は元気に走る姿をまた見せてほしいものです。

 さて、先週の葉牡丹賞を勝ったのはトロヴァトーレ(牡、鹿戸)でした。これでデビュー2連勝。しかも中山芝2000mで上がり33秒台を連発しての勝利ですから、先々が楽しみな器です。次走は未定ですが、中山にこだわって使うのか、それとも東京を試してみるのか。どちらにしてもクラシックレベルの逸材であることは間違いなく、今後も注目していきます。

 3日の中山芝2000m未勝利戦はウインマクシマム(牡、畠山)が逃げ切っての勝利。圧倒的な支持を集めていましたが、3戦目にしての初勝利で陣営も安心したと思います。次走は様子を見ながら決定するとのことで、こちらもどういったローテになるのか楽しみです。

 同じく3日、中山芝2000mの新馬戦を勝ったのはクリスマスパレード(牝、加藤士)でした。牝馬ながら、中距離の混合新馬でいきなり結果を出したことは素晴らしい。次走は未定ですが、この距離で勝ちましたし目標はオークスとなるのでしょうか。期待したいところです。

 関東の新馬戦は除外ラッシュの時期に突入しました。距離を問わず、年始くらいまで狙った条件を使えないような状況が続きそうです。ジョッキーの手配に苦労する陣営も多いようで、なかなか難儀な時期ですね。

 関西はまだ出走頭数が少なめですし、馬の状態と輸送の負担とを比べながら番組を決定していく陣営も多そう。除外続きでピークを越えてしまう馬も毎年出てきてしまいますので、うまく事が運べばいいのですが-。それぞれの馬が、いい時に使えるような状況に戻ってほしいものです。(馬サブロー美浦支局・木村拓人)

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ニュース

 2年連続の中東遠征でサウジC制覇を狙うデルマソトガケ

NEW 2024.2.21

【サウジC】世界が注目デルマソトガケ進化発揮 音無師「4歳になって本格化」

 「サウジC・G1」(24日、キングアブドゥルアジーズ) 昨年は一年を通して海外を転戦したデルマソトガケ。…

一覧を見る

馬体診断 - フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

フェブラリーS

キングズソード

フェブラリーS

ドゥラエレーデ

フェブラリーS

レッドルゼル

フェブラリーS

セキフウ

フェブラリーS

シャンパンカラー

フェブラリーS

ペプチドナイル

フェブラリーS

シャマル

フェブラリーS

ガイアフォース

フェブラリーS

カラテ

フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

キングズソード

ドゥラエレーデ

レッドルゼル

セキフウ

シャンパンカラー

ペプチドナイル

シャマル

ガイアフォース

カラテ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

2月18日 東京11R

馬連
27,850円的中!

刀根善郎

刀根善郎

2月18日 京都6R

馬単
19,850円的中!

井上達也

井上達也

主要ニュース

  1. ミヤネ屋出演の弁護士「文春ナメると」
    ミヤネ屋出演の弁護士「文春ナメると」
     弁護士の亀井正貴氏と三輪記子氏が20日、日本テレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、後1・55)に出演。ダウンタウン・松本人志による文芸春秋などに対する訴訟について解説し、「文春をナメるとこういう目に遭う」などと指摘した。
  2. NHK女子アナ緊急事態 生放送で号泣
    NHK女子アナ緊急事態 生放送で号泣
     NHKの鈴木奈穂子アナウンサー(42)が20日、司会を務める「あさイチ」で、視聴者からのメールを読んでいる最中に号泣。読み続けられなくなるハプニングがあった
  3. 芦原さんの死に「小学館と日テレ」断罪
    芦原さんの死に「小学館と日テレ」断罪
     昨年公開された映画「セフレの品格」の原作者で漫画家の湊よりこ氏が、17日に放送された漫画家・山田玲司氏のYouTubeチャンネル「山田玲司のヤングサンデー」で生放送された「『セクシー田中さん』事件と芦原妃名子さんの無念を繰り返さないために~里中満智子、森川ジョージ、湊よりこと考える『原作漫画家不遇問題』」に出演。芦原さんの死について、小学館と日本テレビを「責任取ってよ」と追及した。
  4. 松本「馬乗り」写真 渡邊センスが反論
    松本「馬乗り」写真 渡邊センスが反論
     クロスバー直撃の渡邊センスが17日付でユーチューブに「書いたモン勝ちなんて通さない」のタイトルで動画投稿。渡邊に誘われ松本人志との大阪飲み会に参加したとする女性証言や、松本の上に女性が馬乗りになっている写真を写真週刊誌「FRIDAY」が報じた件に、反論した。
  5. ドリカム ファン激減したドン底を告白
    ドリカム ファン激減したドン底を告白
     DREAMS COME TRUE・中村正人が18日放送のTBS系「日曜日の初耳学」に出演。「インタビュアー林修」の企画に登場した。22歳だった吉田美和と出会ってからの35年を語った。