1. ホーム
  2. うま屋

【阪神JF】ルシフェル 3連勝だ 牡馬相手に好走 出世レース制した素質馬が2歳女王へ

続きを見る

 「阪神JF・G1」(10日、阪神)

 昨年は、その後牝馬3冠を達成するリバティアイランドがV。今年は混戦ムードが漂うが、データ班のイチ推しは萩Sを制したルシフェルだ。デビューから全3戦で牡馬を相手に戦ってきた好素材が、3連勝で一気に2歳女王の座へと上り詰めてみせる。

 ▼傾向(過去10年)

 2歳女王決定戦。優勝馬にはG1・7勝のウオッカを筆頭に、同6勝ブエナビスタ、3冠牝馬アパパネ&リバティアイランドなど名牝がズラリ。

 ▼人気      

1番人気〈5・1・0・4〉

2番人気〈1・4・0・5〉

3番人気〈1・1・3・5〉

4番人気〈1・0・4・5〉

5番人気〈2・0・0・8〉

 勝ち馬全頭が5番人気以内で比較的堅め。

 ▼所属      

 栗 東〈6・5・6・103〉

 美 浦〈4・5・4・45〉

 東西ほぼ互角。

 ▼ステップ    

アルテミ〈5・3・3・21〉

ファンタ〈2・0・2・31〉

札幌2歳〈1・0・1・2〉

OP競走〈1・1・0・12〉

 1勝ク〈1・3・2・44〉

 新馬戦〈0・1・0・12〉

未勝利戦〈0・0・0・10〉

 勝ち馬8頭が重賞から参戦。同全頭が芝7~9F戦だった。また、同9頭が中2~6週のローテ。

 ▼前走着順    

 1 着〈8・7・4・73〉

 2 着〈2・1・4・21〉

 3 着〈0・1・1・6〉

 勝ち馬全頭が連対を確保していた。

 ▼前走人気    

1番人気〈5・5・3・30〉

2番人気〈3・0・2・20〉

3番人気〈0・2・0・16〉

4番人気〈0・2・2・22〉

5番人気〈0・1・1・17〉

 勝ち馬8頭が2番人気以内に支持されていた。

 ▼キャリア&実績 

 1 戦〈0・1・0・12〉

 2 戦〈5・4・4・35〉

 3 戦〈5・4・6・50〉

 4 戦〈0・1・0・28〉

 5戦~〈0・0・0・23〉

 勝ち馬全頭がキャリア2、3戦。同9頭が2勝以上をマークし、同じく9頭が連対を外したことがなかった。

 ▼距離実績    

 勝ち馬9頭が芝1600メートル以上で勝ち鞍があった。

 ▼決め手     

 逃 げ〈1・0・0・9〉

 先 行〈3・1・1・36〉

 差 し〈5・6・8・53〉

 追 込〈1・3・1・50〉

 勝ち馬7頭が前走の4角を4番手以内で通過。また、同8頭がメンバー3位以内の上がりをマークしていた。

 ▼注目馬 全項目クリアはゼロ。ここでは、唯一の減点1であるルシフェルを推奨する。出世レースの萩Sを制した素質馬が、3連勝でG1タイトルをつかみ取る。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

関連ニュース

ニュース

 直線で抜け出し、中山記念を制したマテンロウスカイ(左)=撮影・西岡正

NEW 2024.2.26

【中山記念】マテンロウスカイ重賞初V 雨天切り裂く鮮烈末脚 56歳・横山典JRA重賞最年長V更新

 「中山記念・G2」(25日、中山) 名手の巧みなエスコートが光った。7番人気の伏兵マテンロウスカイ…

一覧を見る

馬体診断 - フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

フェブラリーS

キングズソード

フェブラリーS

ドゥラエレーデ

フェブラリーS

レッドルゼル

フェブラリーS

セキフウ

フェブラリーS

シャンパンカラー

フェブラリーS

ペプチドナイル

フェブラリーS

シャマル

フェブラリーS

ガイアフォース

フェブラリーS

カラテ

フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

キングズソード

ドゥラエレーデ

レッドルゼル

セキフウ

シャンパンカラー

ペプチドナイル

シャマル

ガイアフォース

カラテ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

2月24日 阪神1R

3連単
100,180円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実

2月25日 中山1R

3連複
27,110円的中!

佐野裕樹

佐野裕樹

主要ニュース

  1. フィフィ 韓国を「日本の仮想敵国」
    フィフィ 韓国を「日本の仮想敵国」
     タレントのフィフィが24日、自身のX(旧ツイッター)を更新。韓国を「仮想敵国」と表現し、日本政府による経済支援を中止すべきと論じた。
  2. 田嶋陽子氏 松本人志巡る発言でピー音
    田嶋陽子氏 松本人志巡る発言でピー音
     元参院議員でフェミニストとしても知られる女性学の研究者、田嶋陽子氏が25日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演。女性を巡る週刊文春の報道で名誉を毀損(きそん)されたとして発行元の文芸春秋などを提訴したダウンタウン・松本人志について、コメントした。
  3. バスケ敗戦の中国 現地メディアは衝撃
    バスケ敗戦の中国 現地メディアは衝撃
     「バスケットボール男子・アジア・カップ予選、日本代表76-73中国代表」(25日、有明コロシアム)
  4. 「不適切」未来を「変えちゃえばいい」
    「不適切」未来を「変えちゃえばいい」
     阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本のTBSドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜、後10・00)の第6話が3月1日に放送される。
  5. 和田アキ子 性被害訴えた女性に疑念
    和田アキ子 性被害訴えた女性に疑念
     歌手の和田アキ子が25日、TBS系バラエティー番組「アッコにおまかせ!」(日曜、前11・45)に出演。ダウンタウン・松本人志が週刊文春の発行元である文芸春秋などに5億5000万円の慰謝料などを求めて提訴した民事訴訟に言及し、松本からの性被害を訴えている女性の行動に疑問を口にした。