1. ホーム
  2. うま屋

【ジャパンC】イクイノックス伝説V 総獲得賞金歴代トップ22億円超え!G1最多タイ6連勝 有馬記念参戦も

続きを見る

 「ジャパンC・G1」(26日、東京)

 単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたルメール騎乗のイクイノックスが、世界最強の貫禄を見せつけて圧勝。3冠牝馬リバティアイランドとの2強対決を難なくものにして16年覇者の父キタサンブラックとの親子制覇を成し遂げ、テイエムオペラオー、ロードカナロアに並ぶG1出走機会最多連勝タイ記録となる6連勝を飾った。総獲得賞金はアーモンドアイを抜いて歴代1位となり、史上初の20億円超え。競馬の歴史に新たな1ページを刻んだ。

 終わってみれば“1強”だった。道中3番手でガッチリと折り合いをつけた1番人気イクイノックスが、ラスト1Fで堂々と先頭に躍り出る。鞍上ルメールは、軽く仕掛けた程度でノーステッキ。最後は右後ろを確認するほどの余裕のVで、最大のライバルと目されていた3冠牝馬リバティアイランドに4馬身差をつけ、改めて“最強”を証明してみせた。

 レースは昨年秋の天皇賞のリプレーを思わせるタテ長の展開。前半5F通過57秒6のラップも、ルメールにとって想定内だった。「1枠にリバティアイランドがいて、タイトルホルダーも隣。パンサラッサとタイトルホルダーの後ろに行きたかった。いいスタートを切って、すぐにその馬の後ろにつけられたので、勝つ自信がありました」。好位3番手に陣取った時点で勝負あり。後続はもう眼中になかった。

 ラスト3Fはメンバー最速の33秒5。「もう…言葉がありません」。ウイニングランを終え、出迎えたスタッフが視界に入った瞬間、鞍上の目には光るものが-。「4回も優勝(09年ウオッカ、18、20年アーモンドアイ)できて信じられません。彼はスーパーホース。彼の上では、自信をたくさん持てます」。駆け付けた8万5000人以上のファンが勝者をたたえた。

 衝撃レコードを刻んだ今年の秋盾から、今回はキャリアの中で最も間隔が短い中3週のローテ。「“ここまで来るのか”と思うぐらいのプレッシャーを感じていた」と吐露した木村師は、引き揚げてくる際に人目をはばからず号泣した。1週前追い切りを終えた時点で「馬の緊張感(の訪れ)が天皇賞・秋よりも早かった。果たして、あと10日持つのか…」と不安もよぎったが、仕上げは攻めの姿勢を貫いた。「何とか踏ん張って、けさの雰囲気はどっしり。それが(馬体重)4キロ増につながった」。4歳秋を迎えて、心身ともに充実期へ。「最高の形で気持ちが解放されました」と安どの表情を浮かべた。

 これで破竹のG1・6連勝。今後については「今のところ、決定していることは何もない」と明言を避けたが、状況次第では有馬記念参戦の可能性もあるだろう。記者会見の最後を「どうか私に、しばしの休憩をください!」と笑顔で締めくくった指揮官。次なる一手に、全世界が注目している。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

 兵庫チャンピオンシップをPRする吉沢咲那さん(左)と杉本奏さん

NEW 2024.4.22

【地方競馬】ゴールデンウイークは園田で兵庫CSなど豪華3重賞

 兵庫県の園田競馬場では29日から5月2日まで「そのだけいばGWシリーズ」と題して、「第25回兵庫チ…

一覧を見る

馬体診断 - 天皇賞・春

テーオーロイヤル

天皇賞・春

タスティエーラ

天皇賞・春

ドゥレッツァ

天皇賞・春

ワープスピード

天皇賞・春

チャックネイト

天皇賞・春

ブローザホーン

天皇賞・春

サヴォーナ

天皇賞・春

ディープボンド

天皇賞・春

シルヴァーソニック

天皇賞・春

プリュムドール

天皇賞・春

マテンロウレオ

天皇賞・春

テーオーロイヤル

タスティエーラ

ドゥレッツァ

ワープスピード

チャックネイト

ブローザホーン

サヴォーナ

ディープボンド

シルヴァーソニック

プリュムドール

マテンロウレオ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月21日 東京10R

3連単
71,910円的中!

木村拓人

木村拓人

4月21日 京都7R

3連単
46,370円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実