阪神・高橋「感覚的に良かった」術後初めて捕手座らせブルペン投球 「ほぼ全力」で20球

 6月に「左尺骨短縮術」および「左肩関節鏡視下クリーニング術」を受け、来季は育成契約となった阪神・高橋遥人投手(28)が18日、鳴尾浜で術後初めて捕手を座らせてブルペン投球を行った。

 「思ったより全然良くて、立ち投げの時より感覚的に良かった」

 最高気温11度。寒風吹きすさぶ中での投球だったが、想像以上の好感触に充実の表情を浮かべた。直球に、ツーシームとカットボールを1球ずつ交えて計20球。「ほぼ全力」で投じ「(患部の)硬さがとれてきて、それがボールにも直結してるなと感じながら。硬さだけとったら、上がっていけるかなと思います」とうなずいた。

 今後も間隔を空けながら、慎重にブルペン投球を重ねていく。虎党が待ち望む完全復活へ、うれしい前進だ。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス