文字サイズ

セ史上最悪 開幕9連敗の阪神「首脳陣の雰囲気が気になる」岡義朗氏が指摘

9回、二者連続本塁打を放った梅野(左)を迎える矢野監督(撮影・堀内翔)
7回の攻撃も無失点に終わり、ベンチからグラウンドを見つめる矢野監督(撮影・田中太一)
2枚

 「巨人9-5阪神」(3日、東京ドーム)

 阪神は守備のミスも絡むなど、なすすべなく敗れてセ・リーグワーストとなる開幕9連敗。阪神、広島、オリックスでコーチを歴任したデイリースポーツ評論家・岡義朗氏は「気になったのは九回のベンチ」と指摘した。

 6点を追う九回、1死から木浪、梅野の2者連続本塁打で反撃の姿勢を示した。その際、ベンチの様子を見た岡氏は「ハイタッチで選手たちは前向きに反撃しようとしていたし、誰もあきらめていない様子がすごく見て取れた。でも矢野監督をはじめ、首脳陣が表情を変えずにサッとハイタッチしてすぐ引いていたのがすごく気になった。こういう苦しい状況での声かけが必要なんじゃないかなと思った」という。

 木浪もまだレギュラーが確約されていない選手。梅野は坂本との併用が続いている。「だから一発打った直後にでも、ベンチで首脳陣がすぐ『次戦もスタメンで行くぞ!』といった声をかけると、選手本人はすごくうれしいんよ。そして周りの選手たちも盛り上がることができるし、次へ切り替えることができる。逆に『何を今さら』といった姿勢を首脳陣が見せてしまうと、次戦につながらないし、選手たちは温度差を感じてしまう。そこがすごく気になった」と評する。

 開幕9連敗という事実をかかえて本拠地・甲子園に戻り、5日からDeNAを迎え撃つ。「まだ一つも勝ち星がない状況だから。ピッチャーの使い方にしても、思い切って一つ勝つためにやってもいいんじゃないかと思う。そうしないと雰囲気は変わらない。週頭で投手のやり繰りがなんてあるかもしれないけど、阪神はとにかく一つ勝たないといけないわけだから。ストッパーの3連投とかいう状況になっていなければ、まだやり繰りはできる。1勝すれば雰囲気も変わると思う」と展望を語り、「選手たちは決して状態が悪いわけじゃない。近本にしろ、糸井にしろ、佐藤、大山と結果は出てきているわけだから。チームの戦力はあるんだから、まず一つ、勝てるようにね」と巻き返しへ期待を寄せた。

2022-05-29
2022-05-28
2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス