文字サイズ

阪神・坂本が正捕手奪取に意欲 今季から主将「一番は試合に出たい」

 自主トレを行う坂本(阪神タイガース提供)
 能見(左)と自主トレを行う伊藤将(中央)と坂本(阪神タイガース提供)
 能見(中央)と自主トレを行う伊藤将(左)と坂本(阪神タイガース提供)
3枚

 阪神の主将・坂本誠志郎捕手(28)が14日、沖縄県内のグラウンドで行っているオリックス・能見兼任投手コーチらとの自主トレを公開し、オンライン取材に応じて正捕手奪取への思いを明かした。

 「一番は試合に出たい。試合に出てナンボだと思うので。試合に出るために結果とか内容も伴ってこないといけないですし、出るためにどうするかを考えているようでは弱いと思うので。出た時にこうしたい、出た時にどうするかというのを考えながら常々やっていきたいなと思います」

 昨季のシーズン最終盤に11試合連続スタメン出場。梅野がベンチにいる中、勝負強い打撃とリードで存在感を示した。“虎のアイデアマン”としてチームの盛り上げ隊長も担う坂本。主将の肩書を背負う今季に向けて「優勝するためのチーム。優勝するための準備をしっかり作る。自分もですけど、チームのためにやっていきたいと思います」と誓った。

 自主トレでは「体の使い方や重心の位置を意識してやっています」と説明。「(伊藤)将司も僕が思っていた以上にキャッチボールで強い球が来るなと感じていますし、能見さんもまだまだ若いなという感じなので。僕が乗り遅れないように、必死についていっているという感じです」と充実の日々を過ごす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス