文字サイズ

阪神・井上 逆方向の極意吸収 巨人・岡本和に“突撃入門”で学んだ「体の使い方、柔らかさ」

 キャッチボールをする井上(撮影・田中太一)
 ランニングする井上(撮影・山口登)
 自主トレで汗を流した井上(撮影・田中太一)
3枚

 スラッガーの極意吸収や!阪神・井上広大外野手(20)が13日、鳴尾浜で練習を行い、巨人不動の4番・岡本和真内野手(25)に弟子入りしていたことを明かした。知人を介して“岡本塾”入門を志願し、年明けに奈良県内で約5日間の合同自主トレが実現。体の使い方から打撃技術などを幅広く聞き、逆方向に本塁打を放つコツを学んだ。教えを生かし、今季は大ブレークを狙う。

 大打者としての道を歩むために、井上はこれまで会ったことも話したこともなかった憧れのスラッガーに教えを請うた。練習後に、知人を介して年始に実現した巨人・岡本和との自主トレのもようを明かす姿からは、充実感が漂っていた。

 「年始は和真(岡本)さんと自主トレをやっていました。打撃や体の使い方をメインで教えてもらいました」

 19年ドラフトで指名された直後の会見で、井上は憧れの選手に「岡本和真」の名前を挙げていた。「一振りで試合の流れを変える」姿に魅了され、プロの世界に飛び込んできた。その熱意を今回は行動に移して“岡本塾”に入門。異例のTGタッグが実現した形だ。

 学んだのは、広角に本塁打を量産する極意。「(岡本和は)逆方向にホームランを打てるので、どうやって打っているのかをたくさん聞きました」。

 詳細は企業秘密としたが、岡本和のスイングが力任せではないことを、感じ取ったという。

 「だいぶ体が大きい方ですが、体の使い方によってあんまり力を入れていないように見えた。体の使い方が自分と違うのかなと。思い切り振っていないように見えて、柔らかさというのもあるので」

 5歳違いだが、井上と岡本和は高卒入団で甲子園を沸かせた大砲という共通点がある。185センチ以上、体重100キロ前後と同じようなタイプの右打者だが、岡本和が体全体をうまく使って打球を飛ばす姿には衝撃を受けた。2年連続本塁打&打点王の先輩から極意吸収を目的に、帯同していたトレーナーとは体の使い方も見直した。

 飛躍につなげてこそ、恩返しとなる。「1軍で一緒にできるのが一番」-。春季キャンプの振り分けこそ未定だが、昨年8月に負った右脛骨(けいこつ)骨折に関しても万全を強調。鳴尾浜ではランニングやウエートトレーニングなどで調整に励んだ。

 岡本和のように、今季は勝負強さを求めていく。「チームを勝たせるのが一番。打点にこだわりたい」。まずは1軍定着、そして3年目の飛躍。伝統の一戦で再会を果たし、確かな成長の跡を刻み込む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス