文字サイズ

阪神・秋山は7回2失点で降板 得意の広島戦で11勝目ならず

鈴木に先制ソロを浴びた4回を投げ終え、悔しそうにベンチに戻る秋山(撮影・高部洋祐)
4回、鈴木誠に先制ソロを許す秋山園(撮影・田中太一)
4回、秋山は鈴木に先制ソロを許す(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-広島」(28日、甲子園球場)

 阪神の秋山拓巳投手は7回6安打2失点だった。

 三回までは無失点。先制点を与えたのは四回だ。1死から鈴木誠に中越えソロを浴びた。さらに、五回無死二塁ではマルテが床田の犠打を一塁へ悪送球。無死一、三塁と好機が拡大し、上本に犠飛を許した。

 六回、七回は三者凡退。先発として十分に役割を果たしたが、打線の援護に恵まれなかった。

 試合前まで、今季の広島戦は7試合の登板で5勝1敗、防御率1・49。甲子園では19年5月19日の黒星を最後に、20年7月21日から4連勝中と得意の相手だったが、勝ち星を挙げることができなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス