文字サイズ

阪神・中野、闘魂適時打 後頭部死球もなんの 吉田超え球団新人遊撃手最多安打見えた

 7回、中前に適時打を放つ
 5回、頭部に死球を受ける中野(撮影・田中太一)
2枚

 「ヤクルト4-4阪神」(14日、神宮球場)

 内角直球に恐れることなく、踏み込んだ。頭部死球を受けた影響を感じさせない。「やってやろうという気持ちはあった」と阪神・中野。打球は詰まりながらも、中前にポトリと落ちた。塁上で右拳を突き上げる。新人らしからぬ強心臓ぶりを、また発揮した。

 価値ある適時打は七回無死二塁。フルカウントから粘って、石山の直球をはじき返した。ただ、この打席は少なからず恐怖心があったはずだ。さかのぼること、2イニング前の五回無死。スアレスの150キロ直球が後頭部に直撃した。

 ぼうぜんと立ち尽くすスアレス。球場内がざわつく中、両膝に手をついたものの中野は立ち続けた。「当たった場所が頭ということもあったんですけど、大事な戦いですし。ここで、もうプレーができないという気持ちは持ってなかった」

 一度、ベンチに下がったが、表情は柔らかい。171センチと小柄でも、その肉体は強靱(きょうじん)だ。平然と一塁へ向かい、その後も全力疾走でグラウンドを駆け抜けた。

 「鳥谷さんのようになりたい」。中野が入団時から憧れを抱いてきたのは、歴代2位の1939試合連続出場の記録を持つ鳥谷だ。アクシデントがあってもプレーを続ける姿は、不死鳥・鳥谷をほうふつとさせた。

 この日の一打が今季の97安打目。1953年・吉田義男の119安打に次いで、球団新人遊撃手の安打数で歴代2位につけている。「何としても追いつけるように」と、背中を追いかける鳥谷でもルーキーイヤーは59安打。やはり、中野は並大抵の新人ではない。

 「とてもいい引き分けなので、この勢いを明日につなげられるように」-。名手が残した伝説の頂まで残り32試合で22安打。虎の正遊撃手として、グラウンドに立ち続けるのは中野しかいない。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス