文字サイズ

阪神2軍 チェンが初回で緊急降板 左肩を気にしながらベンチへ退く

1回途中に降板するチェン(中央)(撮影・西岡正)
左肩をおさえ、1回途中に降板するチェン(撮影・西岡正)
1回途中に降板するチェン(中央)=撮影・西岡正
3枚

 「ファーム交流戦、巨人-阪神」(20日、ジャイアンツ球場)

 阪神のチェン・ウェイン投手が緊急降板した。

 初回2死一塁。4番・ウレーニャへ2球目を投じ、一走・増田大が二盗成功。さらに、失策の間に三進を許した。

 ここでチェンが異変を訴えた。ベンチからは慌てて通訳とトレーナー、安藤2軍投手コーチが駆け寄る。左肩を抑え、そのままベンチへ退いた。

 2番手・加治屋がコールされ、緊急降板。前回は11日のウエスタン・ソフトバンク戦(甲子園)で約1カ月ぶりの登板をしていた。期間が空いた理由は疲労による、リフレッシュと話していた。この日は球数制限などなく、5回までは投げる予定となっていたが、思わぬ形で降板となった。

2022-05-27
2022-05-26
2022-05-25
2022-05-24
2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス