文字サイズ

虎党ため息 阪神・マルテが怠慢走塁

 7回、左線へ安打を放つも二塁でタッチアウトとなるマルテ(撮影・田中太一)
 3回、満塁弾を放ったサンズを迎えるマルテら(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神7-1巨人」(18日、甲子園球場)

 阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が6点リードの七回先頭で、戸根から左中間を破る長打を放ったが、怠慢な走塁でアウトとなり、球場のファンからはため息が漏れた。

 打球は左中間を深々と破り、悠々に二塁打となるかと思われた。しかし、一塁ベースを回ったマルテはスピードを緩めながら二塁に向かい、中継プレーの前にタッチアウトになった。

 四球、四球、左前打からの左中間への安打と働きぶりは十分だが、走塁面では課題が残った形となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス