文字サイズ

野間に暴力でカープ緒方監督を厳重注意 怠慢プレーに怒り…野間「その件は…」

 広島は24日、緒方孝市監督(50)を厳重注意したと発表した。6月30日・DeNA戦で緩慢プレーをした野間峻祥外野手(26)を試合後、平手で複数回たたいたという。この試合で野間は延長十一回、投手前への小飛球に全力疾走を怠り、アウトとなっていた。

 鈴木清明球団本部長によると、内部報告があり2人を調査。野間にケガはなく、緒方監督に常習性はないと確認し、日本野球機構(NPB)に15日に報告したという。同監督は同日のDeNA戦の試合前、選手らに「迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪。この日の試合後にも「手を上げてしまったのは事実です。深く反省しています。こういうことで、プレーに集中しにくい環境を作ってしまったことは申し訳ない」と重ねて謝罪した。

 野間は「監督の気持ちは理解している。監督に不平不満はない。この問題を大きくしたくない」と球団に伝え、試合後は「その件は(鈴木球団本部長に)任せています」と話すにとどめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス