文字サイズ

阪神・西純、2軍戦でまさかの大乱調 初回、打者一巡で7失点

1回、増田の放った打球にグラブを差し出す西純だが、捕球できず(撮影・北村雅宏)
1回、佐藤に3ランを浴びた西純(撮影・北村雅宏)
1回、大量失点し、ベンチに引き揚げる西純(撮影・北村雅宏)
3枚

 「ウエスタン、阪神-ソフトバンク」(13日、甲子園球場)

 まさかの大乱調だ。阪神の先発・西純矢投手が初回から7失点を喫した。先頭・谷川原に四球を与えると、続く増田に適時二塁打を浴び、簡単に先制点を許した。

 ここから若鷹打線を止められない。上林は犠飛で2失点目。さらに、リチャードに左前打、黒瀬に四球で1死一、二塁とした。暴投で二、三塁となり、九鬼にはフォークを左前へ運ばれた。2者が本塁生還した。

 続く井上に左前打を浴び、たまらず安藤2軍投手コーチがマウンドへ。一呼吸置いた直後だった。佐藤直に初球の144キロ直球を左中間スタンドに運ばれた。結局、打者一巡の猛攻を食らい、7失点。初回から39球を要し、7安打を浴びた。

 前回は1週間前の6日、1軍のソフトバンク戦に先発。ガンケルの代役として、緊急登板ではあったが3回3失点で2軍降格となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス