文字サイズ

阪神・矢野監督が試合後に“抗議” 今季3度目完封負けは後味の悪い終わりに

試合終了後、審判団と話す矢野監督ら(撮影・飯室逸平)
試合に敗れるも、9回の左飛の判定を巡って審判団に長い時間抗議する矢野監督(88)ら首脳陣(撮影・高石航平)
9回、ファウルフライがネットに当たったと猛アピールするロハス(撮影・飯室逸平)
3枚

 「西武1-0阪神」(29日、メットライフドーム)

 阪神・矢野監督が試合終了後に“抗議”した。1点を追う九回2死二塁から、ロハスが放った飛球を西武の左翼・岸がファウルゾーンでキャッチ。防球ネットに触れていたのかどうかが微妙な状況で、三塁塁審はアウトと判定したが、ロハスがファウルをアピールし、矢野監督がリクエストを要求。リプレー検証した結果、判定は覆られなかった。

 これで試合終了となったが、指揮官は不満げな表情で審判に“抗議”した。前夜の大逆転勝利から一夜明け、今季3度目の完封負けという結果も含め、後味の悪い結末となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス