文字サイズ

阪神 中継ぎ右腕の谷川昌希が日本ハムへトレード ファームで防御率1・23

 阪神は17日、谷川昌希投手(28)の日本ハムへのトレードを発表した。金銭とみられる。

 谷川は筑陽学園から東京農大、九州三菱自動車を経て、2017年ドラフト5位で阪神に入団。シュートを武器に、通算25試合に登板し、1勝1敗、防御率5・02を残した。

 プロ4年目の今季は沖縄キャンプで迎えたが、ここまで1軍登板はなし。ファームでは8試合登板で0勝1敗1セーブ、防御率1・23をマークしている。

 首位・阪神のチーム防御率1・99は12球団トップ。一方、日本ハムは最下位に沈み、チーム防御率4・38はリーグワースト。投手陣再建へ、働き盛りの中継ぎ右腕に、白羽の矢が立った形だ。阪神では出番がなかったが、新天地で飛躍を期す。

 谷川は鳴尾浜で取材に応じ、新天地への意気込みを語った。「びっくりはしましたけど、自分にとってはすごいチャンスだと思うので、新天地ですぐ戦力となれるように頑張っていきたい」。

 日本ハムのイメージは「すごくいいチーム」と語り、「1日でも早くなじんで、チームの一員として投げられるように頑張っていきたい」と決意を新たにした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス