文字サイズ

阪神ドラ4栄枝、二盗3度阻止!初先発でいきなり魅せた「僕もアピールしないと」

 「練習試合、DeNA2-6阪神」(18日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 開幕1軍へ猛アピール!阪神のドラフト4位・栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が、DeNAとの練習試合(宜野湾)に「8番・捕手」で初めて先発出場した。自慢の強肩を発揮し、二盗を3度阻止。ハマの機動力を封じて、目標の場所へ大きく前進した。

 相手に機動力を発揮させない。栄枝の右腕から放たれた白球は矢のような軌道を描き、二塁に到達した。文句なしのタイミングでハマの果敢な走塁を阻止。任された女房役を全うした。

 「DeNAは走ってくるという情報はあったので、しっかり刺せてよかった。走ってくるだろうなと準備はしていました」

 自慢の強肩で魅せた。まずは、二回1死一塁の場面。中前打で出塁した森がリードを広げてくる。警戒を強める中、宮本の2球目でスタートを切ってきた。捕球後、すぐさま二塁へ正確な送球。悠々とアウトにし、好機拡大を防いだ。

 見せ場は続く。2死一塁からは二盗を試みた宮本を刺した。不安定な立ち上がりを見せていた青柳を援護する“枝キャノン”。さらに、四回にも倉本の二盗を封じた。これで3補殺目とし、9日の日本ハム戦から4連続で二盗を阻止。「走ってきた盗塁はアウトにするということだけを考えています」と、してやったりだ。

 矢野監督は「自分(の1年目)と比べても、落ち着きというか、普通に当たり前のことができるっていうのはアイツの力というか、そういうもんがあるんじゃないかというふうに見えた」と評価。少しずつ、ただ着実に成長を遂げている。

 リード面でも自分らしさを見せるために準備した。これまでブルペンで2度ほど受けたことがあるが、青柳と試合で組むのは初。「過去の動画を見て、梅野さんはどうやって青柳さんを引き出しているのかというのを見た」とこれまであまり使っていなかった左打者への外角カットボールを試すなど工夫した。

 ドラフト1位・佐藤輝が圧倒的な存在感を示しているが、栄枝も続く。「アイツに負けないように僕もアピールしないといけない」。バットでは3打数無安打だったが、試合に出続けるため、さらに自分の技術を磨く。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス