文字サイズ

阪神・ドラ1佐藤輝“プロ1号” 右手一本技あり!サイクルあと一歩の衝撃デビュー

 「練習試合、阪神8-5日本ハム」(9日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 虎の未来は間違いなく明るいで!阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が9日、今年初の対外試合・日本ハム戦(宜野座)で“プロ初アーチ”を放った。「2番・左翼」で先発出場し、初回の初打席で右前へはじき返すと、1点を追う五回に右翼ポール際へ一時逆転となる2ラン。七回は決勝の勝ち越し二塁打を放ち、3安打の固め打ち。黄金ルーキーが怪物の片りんを見せつけた。

 超ド級のインパクトを与える一撃だ。沖縄の青空に向かって、白球が舞い上がる。放物線を描き、長い滞空時間を経てフェンスを越えていく。打球の着地点の行方を確信した佐藤輝はゆっくりと歩き出し、ダイヤモンドを回る。公式記録ではないが、黄金ルーキーにとって忘れられないアーチとなったに違いない。

 「この一本をスタートとして、もっとどんどん打っていけるようにやっていきたいと思います」

 右手一本ですくい上げた一発だ。1点を追う五回無死一塁。横手投げ右腕の鈴木健と相対した。カウント1-2からの4球目、内角に食い込む125キロスライダーに体を回転させて対応。右翼ポール際に打球は吸い込まれた。「スライダーに反応して、しっかり運ぶことができたと思います」と手に残る感触を反すうする。

 本塁打だけではない。1点を追う初回1死の第1打席では、西村から対外試合初安打となる右前へのクリーンヒット。そして同点の七回1死二塁と絶好の勝ち越し機には、立野の直球を右翼線に運ぶ決勝の適時二塁打。八回の第5打席で三塁打が出ればサイクル安打だったが、結果は三振に。それでも圧巻の活躍ぶりだったことは間違いない。

 画面越しで兵庫にいる両親、野球を始めるきっかけを与えてくれた宮城に住む父方の祖父母にも元気な姿を見せられた。「喜んでくれていると思う。結果が出たので良かった」と笑みを浮かべる。

 家族、親族は誰よりも活躍を願ってくれている“応援団”だ。「『次も頑張れよ』と言ってくれると思う。頑張りたい」。戦う理由がある。球場でのプレーで恩返ししたい。

 誰よりも存在感を発揮した佐藤輝だが、視線はすでに前を向いている。「まあ結果が出た半面、反省点もいっぱい出たので、次に生かしていこうという感じです。(第3クールの実戦では)もっと初球から捉えられるように」と好結果に浮かれることはない。

 開幕スタメン、ルーキーイヤー30発-。佐藤輝には大きな目標がある。虎党の期待も大きい。南国で打ち上げた号砲を起点に、スターダムの階段を駆け上がる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス