文字サイズ

阪神・矢野監督「早く壁にぶつかってくれた方がいい」新人合同自主トレで訓示

矢野監督の訓示を受ける(左から)佐藤輝、伊藤将、佐藤蓮、栄枝、村上、中野、高寺、石井大、岩田将=鳴尾浜球場(代表撮影)
新加入の鈴木(右)のあいさつを受ける矢野監督(代表撮影)
2枚

 阪神の矢野燿大監督(52)が9日、西宮市鳴尾浜球場でスタートした新人合同自主トレを視察。ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=ら新人9選手に訓示した。

 「僕もね、30年ぐらい前になりますけど、同じようにルーキーのことも経験している。思い起こせば期待と不安が両方あって、ワクワクドキドキ、でもどうなんのやろうという不安の中でやっていると思う」と自らの経験も交えながら語りかけた。

 付け加えて「今持っている力で思いっきりぶつかってくれと。順調にいくことが一番いいことかもしれないけど、俺的には早く壁にぶつかってくれた方がいいんじゃないかな。壁にぶつかれば、成長をよりしていけると思う。そういうこともプラスに変えられるんじゃないか」と伝えたという。

 また、春季キャンプには「確定ではないですけど、けがをしている岩田(将)と高校生の高寺以外は、一応連れて行きたいなと思っています」と佐藤輝ら7選手の1軍帯同を示唆した。

 「まずは選手それぞれの力がどれぐらいあるのかというのを見極めるというキャンプになると思う。その中で勝ち上がってきてくれればもちろん使っていきますし、そこはこれからですね」と改めてルーキーたちに期待を寄せた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス